とんかつ

アダルトチルドレン克服日記

それなりに元気

最近それなりに元気。

というか、ようやく元気になってきた。

何もかも全くやる気がなかったのが、大分ましになってきた。

良かった……

 

最近思い出したこと。

母はよく、お母さんはいいけどね、あんたの人生だし。と言っていた。

多分、普通に小学生とかで言われてた。

思い出して、ショックだ。

冷たくない?それは。さすがに……まだまだ子供なのに。

と、いう風に育ってきたから、人に対して壁があるのかも。

壁というかなんというか…人は人、って意識がある。よくない意味で。

言ってることは間違ってないけどさあ……って感じ

なんでそんなに他人行儀なんだろうなって

よく言えば自由を認めてくれる家庭で

悪く言えば関心がないというか。

もちろん、それでいろいろしたいことをさせてもらっていたっていうのはある。

だから、すべてが悪かったとは思わない。

もしかしたら母は、そういうことで苦しんだ子供だったのかもしれない。

ただ、もう少し、関心をもってもらいたかったな

 

 

大分よくなってきたと思ったけど、やっぱりこれ書きながら泣いてしまって。

悲しいのか、かわいそうなのか、なんだろ

悲しいかな

 

ただ、今はっきり思うのは、私が悪かったんじゃないってこと。

自分がアダルトチルドレンだって気づいたとき、確かに母も父もひどかったけど、でも、私も悪かった、って思った。

そんなことない、って言われても、でも私が怒らせたから、私がもっといい子だったら、って思った。

でも今は、私が悪かったわけじゃないんだって思えている。

いやまあもちろん、悪いこともあるだろうけど。

でもそれが子供だもん。

 

そして、母の気持ちもわかる。

わかるっていうか、想像はできるよ。

つらいことたくさんあっただろうなって

逃げたいときもたくさんあっただろうなって

それで、私に優しくできなかったんだろうなって

わかるから、母が全部悪いんだっては思えない

ただ、子供の私がかわいそうだなって

それが、悲しい