とんかつ

アダルトチルドレン克服日記

ブログ再開

過去の自分に引きずられないために?前のブログを確認していないから、どれだけぶりかの更新かわからないけど…

ずいぶん空いてしまったのはわかる。。。

ブログ再開します。

 

 

前回、フィプノセラピーに行った記事を書いたのは覚えてて、その日も覚えてるから二か月くらい前のことかな。

あれ、まだ二か月とかしかたってないのかな?なんか時間の進み方が謎だー

 

再開した理由は、やっぱりちゃんと自分と向き合わないといけないと思ったから。

前セラピーに行って、なんとなくその時はもういいかな、と思った。

自分が子供のころ、親にかまってほしかったんだな、ということはわかったし、なんとなくすっきりした気分になったから。

これもある種の完璧思考?ってやつかもしれないけど、そしたらなんかもういいやって思って、インナーチャイルドのこととかも忘れてた。

忘れてたというか気にしなくなったというか・・・

気にしなくても、自分の弱い部分を見なくても、日常はおくれてしまうから。

でもだんだん、毎日がつらくなってきた。

仕事も任されるようになったのに、モチベーションあがらなくて毎日がつまらない。

なんでこんなことしてるんだろう、まわりはもっとこうなのに、ああなのに。

もっと勉強しなくちゃ、資格とらなきゃ。

あれでも、それを勉強出来てどうするんだろう?

そもそも勉強、したいのかな?その分野で、今後働きたいのかな?

あれやりたい。でもやってみたら楽しくない。続かない。なんでやりたかったのかな。

そんなことばかりで、満たされなくて、苦しくて。

恋愛でもいろいろあって、自分のことを好意的に見てくれる人と出会った。

うれしかったし、ちゃんと言ってくれたら、付き合いたいと思った。

でも連絡は途絶えてしまって、辛くなった。

相手との関係は切れてないけど、それ以前に、なんでもっと連絡してくれないんだろう?私よりほかを優先するんだろう?私のこと好きじゃないの?って気持ちになってしまって。

なったくせに相手には何も伝えてないしアクションも起こしてないから、むこうからしたら脈なしだと感じて離れて行ってしまったのかもしれないけど。

自分ひとりで自分を楽しませてあげられなくて、さみしいつまらないばかりで、人と付き合ってもうまくいくわけない。

そんなことを思ったら、ちゃんとしなくちゃ、とまた思えた。

それが2016年終わりのほうだから、去年は本当にいろいろあったなあ…

苦しいことたくさんだったけど、種まきみたいな時期だったかな。

種まきというより地面とたねをみつけた、くらいかも。

 

そんな感じで、またカウンセリングを受けた。

楽しいうれしいがわからなくなっているのは、日々の心がけでかわれるかな。

でも、考え方のゆがみはこれからまた向き合っていかなければ、というところ。

 

 

そういえば、ふと思い出したこと。

子供のころ、親のためを思ってしたことがあった。

誉められるかな、喜んでくれるかなって思ってしたことで、怒られた。

ママのためにしたのに、って思ったら悲しくて、そんな自分がかわいそうだった。

誰にでもよくあることなのかもしれないけど、その気持ち、今も覚えてる。

 

楽しみにしていたことがあった。

その最中に、父に怒られて、泣いた。

せっかくの楽しいときだったのに怒られて、とにかく悲しかった。

 

小学五年生かな。誕生日のとき、怒られて、家から追い出されていた。

すぐ近くの親戚の家に泊めてもらっていた時、母がきて、父がまだ怒ってるよ、とかそういうことを言って。

最後に、最悪な誕生日だね って言われた。

本当ならディズニーランドに連れて行こうと思っていた、ホテルも予約したんだよ。キャンセルで三万円かかった。って言われた。

悲しかった。ディズニーランドに連れて行くとか言われていたわけじゃないけど、最悪な誕生日だねって言われたのが本当につらかった。

だって誕生日って、祝ってもらえる日なはずなのに。

楽しい日なはずなのに、って。

 

ほかにもきっといろいろあったんだと思うけど、なんかいつの間にか、

期待しなくなっちゃった。

期待して嫌なことがあったら、悲しいし、期待していた自分がかわいそうになるから。

 

考え方のゆがみって、自分を守るためだったんだな。。。

 

そういえば、中学のころは誕生日をどれだけの人に祝ってもらうかで必死だった。

自分が祝ってもらうために、人の誕生日を祝ったり、プレゼントをあげた。

祝ってくれる人の数がただただほしくて、目標数を達成できてようやく安心できた。

ああ大丈夫だ、私はさみしい子じゃないって思えた。

家族は誕生日を祝ってくれたっけ。

おめでとうくらいは言ってくれてたかも。

でも誕生日のケーキは、なかったなあ。

いつまでかは忘れたけどプレゼントはあった。

中学の時はもうなかったかな。

 

親が優しい瞬間だってちゃんとあったはずだけど、思い出すと怒られてたときとか、悲しかったときとかしかでてこない。

悲しい。つらい。

 

 

カウンセリングの日、日中にインサイドヘッドという映画を見た。

ピクサーのやつ。

主人公の頭のなかで、感情たちがその子を幸せにするために働いてる。

みんな主人公の幸せを思っていて、とにかくその子が大事。

当たり前のことかもしれないけど、それがすごく泣けた。

ああ、大切にされるってこういうことなのかな、って。

その時に、私は自分が大切にされる存在だと思ってこなかったんだなって、すごく理解できた。

自分のことをおもって、幸せをねがってくれて、大切にしてくれる。

もしかして、ACじゃない人って、こういう環境で育ったのかな。

かなわないなあ…

インサイドヘッド、最初から最後までずっと泣いてた。

多分、普通の人は、そんなにずっと号泣はしないだろうなあ…なんて思ったり。。。

 

で、その後カウンセリングがあって、また泣いて。

別に泣いてただけだけど、そのあと頭が痛くなって、体調悪くて食欲なくて、

雑炊食べたら吐き気がして、ねた。

吐き気がするなんて初めてで、ぐぐったら鬱ってでてきて、ちょっと笑った。

このちょっと笑ったって普段よく言うけど、これだけ思いのたけをつづってからちょっと笑ったって書いてもなごむどころか……

普段どれだけ軽くしようとしてるのかわかるなあ・・・

全然笑えない。

 

 

 

ここまで書くだけでも、大分泣いた。

書きながらぼろぼろぼろぼろ涙がでてきて、ティッシュを大分消費した。

いつになったら泣かなくなるのかな。

書いてると、小さいときの自分がかわいそうでかわいそうで、泣けてしまうのだけど。

インナーチャイルドをかわいそうだと思うのはだめだといろいろなところに書いてある。

でもここからどうすればいいのかわからない。

だって、かわいそうだもん・・・・・・

当時ですら自分のことをかわいそうと思っていたのに、今思い出してかわいそう以外思いようがないレベル。

どうすればいいのかなあ。

なんか思い出して泣いてるだけじゃ、意味ない気がする。。。